2024年02月24日

ピピ

ま~7ヶ月以上ぶりになってしまいました💦

こんなブログに毎日少数ではありますが、遊びに来て下さる方々がいらっしゃるので、頑張って更新しなければと思っております



年も新たになったのに去年の夏の出来事~。

今更ですが(いつもですね💦)

猫友さんから「カラスのヒナを保護したけん助けて~」と連絡が。

見に行くと・・・ハトのヒナでした。

野鳥の会の私にはすぐ分かりましたが、素人さんには分からないでしょうね。

だって・・・

ピピ5.JPG



2ピピ.JPG

これですからね💦

さあ、この子どうしようと考えましたが、素人さんに育ててもらうわけにはいかないので私が引き取ることに。

いや、待てよ、うちにもニャンズがいる、無理や~ん

で、野鳥の会のお友達に相談すると、なんとなんと快く引き受けて下さいました!!

感謝感謝の雨あられです



それからというもの、その鳥友さんのお宅に何度も伺って、一緒に成長を見守りました。

名前はピピ

鳥友さんから愛情たっぷりに育てられたピピは順調に育ち、放鳥する時期が近づいてきました。

放鳥するにあたって、まずは飛ぶ練習が必須です!

鳥友さんのお宅はマンションなので、高さのある戸建ての友人宅で、まずは高く飛ぶ練習を2日に分けてしました。

上手に高く飛べましたよ~。

今度はかなり賭けではありましたが、実際に外で練習すること4日。

毎回ハラハラドキドキでしたが、鳥友さんが呼んだら戻ってくるピピだったので大丈夫でした

呼んだら戻ってくる、も~なんて可愛いんでしょう

ピピ3.JPG


4日間も練習したので、も~立派なハトの飛翔です!



そしていよいよ放鳥の日。

放鳥する場所は、事前にハトの群れがいるのをリサーチしていた我が家の近所の神社です。

ちょうどハトの群れが来ていたので、ピピを鳥かごから出して、辺りに餌を撒きました。

初めて会う群れと一緒になって餌を食べるピピ。

「今よ、帰るよ」と鳥友さん。

分かっちゃいるけど~帰りたくな~い

でも・・・後ろ髪惹かれる思いで帰りました💧

もちろん、放鳥した後知らん顔はできない私。

近所なので、次の日から毎日エサやりにせっせと通いましたよ。

ただ、あまり人間に頼るのもいけないと思い、しばらくしてからは1日置き、2日置き・・・と間引いていきました。



あれから約半年が過ぎ・・・

ピピ4.jpg

逞しい成鳥となったピピ。

ピピはたぶんオスで、今は彼女がいます

場所が神社ではなく、神社より更に我が家に近い公園になりまして、相変わらず時々エサやりに行ってる私です。

遠くからでも私が分かって、群れからまず一番最初に私の所に飛んできます。

も~可愛くて仕方ありません



以前はたかがハトと思っていましたが、伝書鳩のように帰巣本能は抜群だし、ハトレースという競技があるように1度通った上空は覚えているとも言いますし、とても頭のいい鳥なんです。

そして何より、ハトは神様の使いらしいです

だから神社ではハトのエサが売っていて、参拝者がハトにエサをあげることでご利益を頂けるようにしてあるとか。

ハトってそういう有難い鳥なんです

posted by ベジバード at 14:51| Comment(0) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月24日

4年ぶりの出水へ

なんと5ヶ月ぶりの更新になってしまいました💦

そして年も新たになってしまって~

あれからリピーター様の依頼ばかりで、新規のお客様のご紹介ブログを書かないので、ついつい遠のいてしまって💧

相変わらずの猫と鳥と仕事の日々で、この5ヶ月があっという間に過ぎて行ってしまいました。


そんな中、去年12月は3~4年に1度の出水行きを計画していたのですが、悲しいことに今シーズンは鳥インフルエンザの大流行で、沢山のツルさんが亡くなってしまいましたー

今日現在でその数1400羽を超えています。

これは例年の10倍以上

飛来してきたツルさんの約1割になります(涙)

出水の現状をTwitterで発信してくれる方の報告に、毎日胸が張り裂けそうでした

特に11月が酷く、多い日は1日で90羽以上が死んでいたんです

私たちが行くことでウイルスを持って帰ったりしたら・・・もう今シーズンは出水には行けない、行ってはいけない!

そう考えていました。

ところが年末から事態は急転回。

亡くなる数が毎日ほぼ1~2羽程に激減!

ツルさんたちが免疫を獲得したのでは?との説も。


こうなると、ツルさんを愛してやまない私は「逢いたい」という思いが募り、ついに先週土曜日に行ってきました~

いつもは1人旅ですが、今回は初めての2人旅で鳥友さんと一緒です。

出水が初めての鳥友さんのために、最初は「武家屋敷群」という観光名所からスタートです。

バスの時間の関係であまりゆっくりはできませんでしたが、私もまだ行ったことがなかった屋敷も見れて堪能しました。

そしていよいよバスに乗り、ゆっくり揺られて段々町はずれになっていくと・・・

アチコチに数羽のツルさんがぁ~

あー感激です

最終目的地の「ツル観光センター」に着き、沢山の無事なツルさんとの再会に心が震えました。

IMG_4707.JPG


IMG_4705.JPG


IMG_4700.JPG


今回は今まで以上にアチコチに消毒ポイントがあり、私も気を引き締められました。

なので、今までならアチコチ歩いてツルさんを見て回っていましたが、今回はセンターが用意した2人乗りの電気自動車で回りました。

IMG_2248.JPG


私、電気自動車の運転は初めてで、これもいい思い出になりました

車だとツルさんもそんなに警戒しないので、すぐそばで見ることができます。

これには鳥友さんも感激していました~。



土曜日に行ったにも関わらずバスは貸し切り状態、ツル観光センターはいつも行く平日並みの人出で、ツル観光でもっている出水市には厳しい状況が続いてるなぁ、と実感しました。

観光客が落としていくお金で、何かしらツルさんたちの為に使っているでしょうから、鳥インフルエンザが落ち着いて出水に行ったことは間違いではなかったと思っています。


北帰行シーズンはこれからですが、鳥インフルエンザも完全に収束して、皆無事に旅立てるように祈らずにはいられません。


posted by ベジバード at 17:59| Comment(0) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月01日

杜人(もりびと)

一昨日、友人から勧められて「杜人(もりびと)~環境再生医 矢野智徳の挑戦」という映画を観てきました。

ここ数年の私は、映画やドラマにはこだわりがあって、実際あったドキュメンタリーでないと見ないんです。

作り物って・・・なんて薄っぺらいんだ、と感じてて💧

公開初日で監督さんの舞台挨拶もあり、心に残る映画でした。

杜人.jpg


北九州市出身の矢野智徳さん。

ご実家が造園業を営んでいたこともあり、自然と造園の道へ。

そして現在では日本中を診て回る、環境再生医として活躍されています。

映画の中で、様々な自然災害の現場に赴き、環境再生医としての見方で解決されてる姿に心奪われました。

土砂崩れなどは、道路にU字溝を張り巡らせているため水や空気の流れが阻害され、木の根の活力が得られなく保水能力が失われているため、とU字溝の真ん中にドリルで穴をあけて回っていました。


とある場所が移転のため、敷地にある30本の高木が伐採の危機にあった時、矢野さんは「生きてるから諦めない!」と。

涙が出そうになりました

普通の造園業者なら、高木の移植は作業が大がかりになり根付くのも難しく、すぐ伐採という答えを出すそうです。

矢野さんは難なく作業を終え、30本の高木はしっかり根付きました!


草刈りするのにも、周りの空気の流れに沿ってやる。

水脈を蘇らせる。


矢野さんが言った言葉で印象に残ったのが、「地球規模の循環が人の環境作りの中で随分傷つけられてしまっていて、大地の上に重たいコンクリートが載せられ、奴隷のように自然が虐げられている」

全くその通りだと共感しました!



今の人間の繁栄の裏には、様々な生き物の犠牲があります。

人間は、もっともっと自然に対して生き物に対して謙虚であるべきです!


ある人は「地球の医者」と呼ぶ矢野さんの活躍を、是非見てください。

福岡では8月7日まで中央区警固の「キノシネマ天神」で上映中です。

posted by ベジバード at 13:18| Comment(0) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする