2019年04月23日

3年ぶりに北海道に行ってきたど~

先週、長年の念願だった宮島沼へ行ってきました!

宮城県伊豆沼などで越冬していたマガンが、繁殖地の極東ロシアに帰るため、この時期最後の国内の中継地である宮島沼に集まってくるのです。

その数6万羽以上

今まで動画で見てはいましたが、やっぱりこの目でみたい!

というわけで、おきまりの一人旅に出たのですが、出発前日から風邪気味だった私は、なんと出発当日には微熱があり旅行を諦めるか悩みました。

が、もしキャンセルした後、結局たいしたことなかったら悔しい思いをするので、ここはまず強行でしょ

もし40度の熱が出たらその時は覚悟を決めて

しっかり保険証は持って出かけましたよ(笑)


初日はウトナイ湖へ。

実はこの時期は、マガンもハクチョウも宮島沼などに行ってしまっているので、まーな~にも居ませんでした~(笑)

ただ、福岡では会えないハシブトガラに目の前で遭遇

カメラは間に合わずでしたが


さあ次の日がメインの宮島沼です。

午前中は札幌市内を観光、そして午後から宿泊の最寄駅の石狩月形駅へ。

途中で乗り換えた電車が、車両は1両編成でとてもスローで、これがまたのどかでね~

ゆっくりじっくりと、石狩平野を堪能させてくれました。


さあ~、ホテルに着き荷物を置いて、バスと徒歩でいざ宮島沼へ。

時間は日の入りまであと1時間程。

宮島沼が近くなってくると、もうあちらこちらの田んぼに、昼間食事に出かけていたマガンが帰ってきていました

P4193387.JPG


P4193391.JPG



そしてそして、マガンのねぐら入りは動画でしょ

って操作してたら「容量が大きすぎます」でエラーになっちゃいましたー

これは動画で見ないと感動が伝わらない・・・・。

悔しいーーー

操作がよくわからない自分にも腹立たしい。

ショックです

えーっと言葉で表現すると、日の入り前後の30分程の間、ずっと途切れずマガンの群れが大きな声で鳴き交わしながら、次々と沼に帰ってきます。

そして、小さな沼は6万羽のマガンで埋め尽くされて黒くなっていきます。

とにかく感動、圧巻でした!!


早朝の飛び立ちが更に圧巻なのですが、風邪をひいてる私には、気温0度の外に長く居るのは危険と感じ、なくなく諦めることに

帰る電車の時間まで、ホテルの目の前にある湖でバードウォッチング。

すると、いましたいました!

福岡ではめったに会うことができないレアな鳥。

P4203417.JPG

アカゲラです


あと、たくさんのオオハクチョウ

P4203408.JPG


P4203414.JPG


結局、ずっとお薬を飲んでいたので、熱も出ないままで楽しい楽しい旅行でした~


マガンもオオハクチョウも、5月上旬には繁殖地の極東ロシアへ帰ります。

ツルの繁殖地よりさらに北です。

長い長い過酷な渡り。

気をつけて、また秋にみんな揃って日本に帰ってくるんだよーーーー



posted by ベジバード at 18:50| Comment(0) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

鹿児島弾丸日帰り旅行

今月中旬、鹿児島へ日帰り一人旅してきました!

朝7時台の九州新幹線でまず出水まで行き、12時台の九州新幹線で今度は鹿児島市内へと。

出水はもちろんツルを見にです

3年ぶりの出水。
ツルが飛来する10月から北帰行する3月まで、ここ10年程ほぼ毎日ブログを更新されていた方が、都合でブログをやめてしまって全くツルたちの状況がわからず、も~居ても立っても居られず、今年は久しぶり会いに行くぞ~、と秋から決めていたのです。

PC133279.JPG


PC133275.JPG


PC133284.JPG


PC133291.JPG


愛してやまないツルちゃんです

でも、滞在時間はわずか1時間程

なぜかというと、せっかく出水まで行くと決めていたので、九州新幹線で出水からはわずか25分!鹿児島市内の「西郷どん」のゆかりの地も是非是非巡りたい!とネットで色々下調べをしていて、午後からは鹿児島市内へと向かったのでした。



最終回直前の平日だったので、ゆかりの地はそこまで人は居なく、ゆっくりじっくり回れました。

鹿児島中央駅を出て、ほとんど歩いて回れるコースで、日ごろウォーキングを日課としている私にはまあまあ楽でした~

と言っても、一番距離がある所は時間もないので1回タクシー乗っちゃいましたけど。

観光地図片手にリュック背負って、ま~見るからに観光客状態(笑)

墓地から私学校跡に行くのに、方向音痴の私は観光地図をひっくり返したりしながら、自分では私学校跡に向かっているつもりが全く違う方向に歩いていましてー、さすがに途中で「なんか違うかも?!」と気づき、焦って寄った「さつまあげ屋」の方に丁寧に優しく道を教えていただいて、どうにか無事に私学校跡へとたどり着きました。

でもこういうの、一人旅ならではの出会いで好きなんですよね~

今は、当時の面影は全くない鹿児島市内ですが「ここで育ったんだ」「この道を歩いたんだ」「ここに隠れていたんだ・・・」「ここで亡くなったんだ・・・」と、1話も欠かさず見ていたので、行くところ行くところ胸が熱くなりました

IMG_3237.JPG


IMG_3239.JPG


IMG_3241.JPG


IMG_3247.JPG



17時台の新幹線で帰るので、主要な場所しか巡ることはできませんでしたが、それでもかなり満足した旅行でした。

弾丸旅行だったので、今度はゆっくり余裕をもって、行けなかった所も是非行ってみたい
posted by ベジバード at 12:52| Comment(0) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

糸島登山記 1

先日のある晴れた日に、糸島の可也山に初めて登ってみました!

5月12日のブログで紹介しているように、糸島富士とも呼ばれ、下から見上げたお姿はなんとも美しい形の山です。

この山の頂上から、今度は下界を見下ろしてみたい

そう思い立ち、あれこれネットで調べていざ出発

登山口まで車では行けず、登山口まで歩いて20分程の所にある、元志摩町役場の駐車場に停めなければいけません。

「えー20分もったいなーい」

なんせ正式な「登山」というのは約10数年ぶり。

少し不安はありましたが、まあでもほぼ毎日8000歩は歩くことを日課にしている私。

しかもネットでは、園児も登ると書いてあって「これはもう楽勝でしょう~」と楽観視しておりました。

ネットに書いてあった通り、20分程歩いて登山口に着きましたが、案内板を見て唖然としました

標高365メートルの山なのに、頂上まで1800メートルとのこと。

私バカでしたー。  まっすぐ上に向かって登れるわけはないのに、365メートルで着くと思っていました(笑)

でも、せっかく歩いた20分がもったいないので、山の中へと入って行ったのでした。

ほんの数分で息が荒くなってきた私の目の前に現れたのは、ずーっと続く階段!

「ゲーーッツ

でも、ここで帰るのは、やっぱり歩いてきた20分がもったいない!

そう思い、何段も何段も何段も登り続けました。

「もー山登りじゃないじゃん、階段登りじゃーん

平日の午後だったので、ほとんどすれ違う人もなく、大声で文句を言いながら登り続けました(笑)

途中で唯一、一人の男性に会い「頂上はまだですよね~?」と聞くと、「はい、まだまだですよ」と

もちろん、途中途中で休みながら、ゆっくりしっかり登って行くと、中腹ぐらいでやっと階段がなくなりました。

「これよこれ~、もう楽勝~」

階段がなくなると、本当にあとは楽で一気に頂上まで行けました

そして撮った写真です。

P6133231.JPG


P6133236.JPG


P6133237.JPG


P6133238.JPG


P6133240.JPG


頑張れば、ご褒美がちゃんとあります

途中でキビタキ、エナガ、ヤマガラなど野鳥の声が聞こえていたのですが、双眼鏡で探すも姿はなく


これを機に、今後少しずつ糸島の山に挑戦していこうと思っていまーす


posted by ベジバード at 14:09| Comment(0) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする