2015年02月22日

野良ちゃんを救いたい

ご報告が遅れましたが、先月28日に、しおちゃんに続き2匹目となる野良ちゃんのメス猫の避妊手術をしました。

本当は「あすなろ猫」で安く手術をしたかったのですが、もう今年度の頭数に達していたため全くの自費でしましたたらーっ(汗)

しっかし簡単に考えていた捕獲は大変なものでした~𕾵

去年の秋から、しおちゃんクロちゃん以外にも、ウォーキングで出会う野良ちゃんにご飯を与えていました。
もちろん、この子たちも手なずけて「あすなろ猫」で手術ができたら、との思いからです。

ですが、なかなか懐いてくれない~あせあせ(飛び散る汗)
まあ、野生の血といいますか、ご飯はちゃっかり頂くけど気は許さないよ~って感じで。

そんな中、唯一1匹だけは最初からフレンドリーで私にすりすりしてくれる子が居て、それが手術をした子です。

ターゲットをその子に絞って、12月中旬に手術の予約を入れて、知り合ったネコ友と一緒に前日の夜捕獲することにしていたのですが、こっちの気配に気づいたのか姿を現さない。
当日の朝もトライしてみたけど・・・現れない!

どういうこと~??
前の日まで毎日出会っていたのに、捕獲の日に限って現れない。
なんかとっても不思議でした。

病院にはキャンセルの連絡を入れ、また新たな手術日の予約をしたのが1月7日。

そして年が明け1月7日になり・・・またしても姿を現さない!
前回の失敗があるので、数日前から捕獲するぞ~オーラを出さないように気をつけて、とにかく平常心で接していたのにい𕾶
またキャンセルの連絡を・・・。

手術の日にちが決まっていると、大雨でも前日か当日の朝に捕獲しなくてはいけないし、捕獲失敗や今回のように姿をみせてくれないと、また新たに予約を取り直したりしてどんどん日にちが経ってしまいます。

困ったもんだと思っていると、いらっしゃるんですね~すてきな先生が𕾾
「いつでも連れてきて大丈夫です」って。

その先生のおかげで無事に28日に避妊手術ができました。
今でもその子は元気にしています。

結局2月になってしまい、もう妊娠してる子がいる可能性があるので、この季節の捕獲はこれで終わります。



この夏、またあちこちで子猫を見かけるかと思うと心が痛い・・・。
去年の夏、近所で見かけた子猫は1割しか生き延びていません。

野良で生きていくには、想像を絶する大変な試練が待ち受けているのです。
かわいそうな子猫を産ませてはいけない。

野良ちゃんが増えることで、ネコ嫌いの人間にスイッチがはいり、今いる子たちに何か悪いことをしでかすかもしれない。
現にこの近所で、過去に数々のネコの虐待事件が起こっているそうです。

そんなこと、決してさせないぞちっ(怒った顔)
命を何だと思っているのか・・・。



愛してやまない、可愛い可愛いあなたたちのこと、大好きよ。
posted by ベジバード at 19:15| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください