2014年01月29日

おしゃべり

先日、わが家の愛猫クーの年に1度のワクチン接種に行ってきました。

相変わらずのビビリさんで、キャリーに入れた途端「ミヤウ~ミヤウ~」
家を出て、車に乗り込むまでの時間もずーっと「ミヤウ~ミヤウ~」
車の中ではわりとお利口さんでしたが、病院に着いたとたん「ミャ~ミャ~」
そして診察室に呼ばれて、診察台の上では「ビェ~ビェ~」
先生から「おしゃべりだね~」と言われふらふら

そしてワクチンを打つ前に、1年ぶりなのでまず血液検査をしてもらうことになったのですが、体を3人の看護士さんから押さえられ、足に針が挿入された途端「ギャ~~!」
また先生から「声おっきい~」 
確かに𕾵
今まで病院で上げた悲鳴の中で1番でしたぁ・・・。

以前、猫の雑誌に載っていたのですが、黒猫はとてもおしゃべりだそうです。
確かにクーは、子供の頃から1日中おしゃべりしてます。
最近は特にひどいようなあせあせ(飛び散る汗)

まあ、なんだかんだありますが血液検査も異常なく、これからももっともっと長生きしてね揺れるハート

14-01-26_004.jpg

お天気がいい日はベランダで高みの見物~




おしゃべりと言えば・・・今から5年前に亡くなったセキセイインコのチビちゃんがとても上手でした。

チビちゃん2.jpg

私は、小学5年生で初めてセキセイインコを飼ってその頭の良さに魅かれて以来、ずっとインコを絶やさず飼ってきました。
高校生の頃は「ダルマインコ」という種のインコも飼っていましたよ。
チビちゃんは、セキセイインコでは3代目の子でしたが、一番おしゃべりが上手でした。
自分の名前はもちろんのこと住所も言えて、「はい、もしもし○○です」と電話の受け答えも言えました。
親バカの私は投稿番組にでも出そうかとまで考えましたが、上には上がいるんですね~。
歌を歌ったり、まるで会話のように自然なおしゃべりをする子がいたり。

インコやオウムはホント頭がいいですね。

またいつか良い子との出会いがあればいいなあ。
posted by ベジバード at 18:21| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

ブログの友との別れ

私は、1年程前から毎日必ず見るブログが3つあります。
その3つは全てツルに関するブログです。
毎日更新してくれるので、3つのブログを見るのが私の日課になっています。

それがその内の1つのブログが、1月12日早朝の分を最後に更新されていませんでした。
ツルがいない夏場でも更新が途絶えたことはなかったのに。
とても気になって、毎日毎日立ち寄ってはみましたが、やっぱり更新はないままでした。

そして昨日、また立ち寄ってみると・・・奥様代筆でのその方の訃報でした・・・。
名前も知らない顔も知らない、ましてやお会いしたこともない方でしたが、この突然の訃報に、ただただびっくりして涙が止まりませんでした・・・。
私より少し年上の方で、本当にツルを愛してあって、ツルが渡来してから北帰行までの期間は、限られた会う時間を慈しむように、仕事の合間をぬってはほぼ毎日ツルに会いに行ってありました。
言葉の端々から、やさしい人柄がうかがえる方でした。

奥様の話だと、1月12日早朝iPoneからのブログ更新の直後、ツルの観察中に大好きなその地で大好きなツル達に見送られて亡くなったそうです。
「ツルを見ながら死ぬのが本望だ」と常々言ってあったらしいです。
その方らしいなと思いました。
本当に深く深くツルを愛した方でしたから。

同じツルを愛する人間として勝手に「心の友」と思ってた方でした。

私でさえこの悲しみなのに、ご家族の方の心中を思うととても胸が痛いです。
この若さでの突然の死を受け入れるのは、さぞ大変だったことと思います。
そして奥様代筆での1月12日のブログの続きの内容には、とても心打たれました・・・。

こちらこそお世話になりました。
八代のすばらしい自然、そしてかわいいツル達を、たくさんの写真と映像で見させてもらいました。
ありがとうございました。
もう、今後の更新がないと思うと・・・とっても寂しいです・・・。

天からずーっと八代を見守っていてくださいね。

心よりご冥福をお祈りいたします。
posted by ベジバード at 17:54| Comment(0) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

心改めて

あけましておめでとうございます。
昨日、日本野鳥の会主催の探鳥会に行ってきました。

わが家から車で15分程の近い場所で、毎月第一日曜日に行われる探鳥会なのですが、私は例年冬場に2~3回しか参加しません。
そのせいか?野鳥の会歴は20年近いのですが、まだまだ初心者の域ですたらーっ(汗)
図鑑に載っている鳥はほとんど覚えているつもりなのですが、それが動く本物になるとどこか違って見えたりして、少し珍しい種類になると自信がありません𕾵

真面目に勉強する体制で臨めばいいのですが、久しぶりに会う気の合う仲間とはついついおしゃべりが多くなってしまって、ベテランさんがいろいろ説明してくださるのも耳に入りません。
おしゃべりと言っても、環境問題などのまじめな話なんですけどね。

ですが、昨日は心改めておしゃべりも封印して、一番の鳥博士の方にピッタリくっついて回りました。
おかげで、普段なら見落としそうな珍しい鳥をスコープで一番に見せてもらったり(しかも2種類)、渡り鳥の近況や鳥のいろいろな為になる話しを聞かせてもらいました。
やっぱりこれですよ、これ!
確か初期の頃はこうだったような・・・いつしか知り合いも多くなってきておしゃべりを・・・。


でもこんな私でも、本当の初心者さんには鳥の説明が出来るんですよ𕾴
昨日も、スコープ覗いてる初心者らしき方から「あれは何の種類ですか?」と聞かれ、そのスコープを覗きこみ「オナガガモです!」と答えることができました。
確かにオナガガモにしては色が薄かったので、その方は自信がなかったんでしょうね。
また別の方からも「あの鳥は?」と聞かれ「ホオジロのメスです!」と答えることができました。
ちょうどオスメスいたので、その違いも説明したりして。
また別の方からは「ダイゼンってあれですか?」と聞かれ「そうですよ」と言えました。
初期の頃の私もやたら聞いて回ってたっけ。

こうやって聞かれることで、本来ならベテランに成長していくんでしょうけど、今までの私は初心者の方とはあまり一緒に回らなかったので、聞かれる場面もないままでした。
人見知りはしないんですけどねぇ。


そんなこんなで、いい勉強になった1日でした。

「初心忘るべからず」ですね!
posted by ベジバード at 18:19| Comment(0) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする