2012年09月28日

ただ今、勉強中

私は今、「愛玩動物飼養管理士」の資格を取るべく、ない頭で日々勉強中なのであります。
通信教育で取った「動物看護士」という資格はありますが、知名度が高く、また違う観点から動物のことを勉強する「愛玩動物飼養管理士」は魅力があります。
しかしこの歳になると、暗記モノは苦労しますあせあせ(飛び散る汗)
前日に覚えたモノも、次の日には何割か忘れています。
忘れた何割かをまた再度覚えても、今度はせっかく覚えていた最初の何割かを忘れてしまいます。
三歩すすんで二歩さがる・・・そんな感じです𕾵

愛玩動物飼養管理士は、動物愛護の歴史も勉強します。
動物愛護運動の発祥地でもあるイギリスは、18世紀にはヨーロッパの中で最も動物に対して残酷な国だと言われていたそうです。
動物を苦しめて楽しむ娯楽や、馬車を引く馬の虐待が行われていました。
このような状況を見た貴族や知識階級の人々が、このありさまは文明国とは言えない、このままではイギリス国民は将来、どんな残酷な野蛮人になってしまうかもしれない、ということで動物虐待防止運動が起こったそうです。

一方日本はというと、すでに18世紀初めには、牛や馬が引く荷物の重量制限をした法令や、病馬や傷ついた馬をいたわることを命じた法令が出されていました。
仏教には、全ての生き物を殺してはいけないという戒律、不殺生戒があります。
四国巡礼のお遍路さんが、杖を持ち鈴を鳴らして歩くのは、間違って動物を踏みつけないためだといわれているそうです。
仏教は、農耕民族である日本人によく根付き、そのため日本では、動物それ自体を命あるものとして道徳的に取り扱うようになりました。
675年に天武天皇が出した「天武の勅令」以来、1857年の徳川幕府による「牛馬屠殺禁止令」に至るまで、動物を殺したり食べたりすることを禁ずる命令や、動物をいたわることを命じた法律や命令が何度も出されました。

なんと日本ってすばらしい!
日本こそが、動物愛護発祥の地といってもいいのではないでしょうか?
ところが今の日本はというと・・・相変わらず犬猫の殺処分数は多いし、虐待なども耳にします。

私は、以前から思っていました。
あまりに小さな子犬、子猫をペットショップで販売するのはいかがなものかと。
買う側からすれば、それはそれはかわいい盛りで買いたいし、売る側からすれば絶好の売り期ですが、社会化期の初期の子犬子猫は兄弟、母親との関係を通じていろいろな事を覚える、とても大切な時期です。
それを引き離されて店頭に並ばされている・・・。
かわいさあまりに買ったら、よく噛むよく鳴く等で困り果て、結局管理センターに持ち込む・・・といった悪いサイクルができあがるのではないでしょうか。

ペットショップには生体は置かず、飼いたい人はブリーダーか、センターに収容されてるかわいそうな子たちを飼ってほしい・・・。

切にそう願います。
posted by ベジバード at 12:25| Comment(0) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

渡り鳥

9月、10月は渡りの季節です。
日本で夏を過ごした夏鳥は、東南アジアなど南へ渡り、反対に冬鳥はロシアなどの寒い国から日本へ渡ってきます。

まさしく今、ハチクマという鷹の仲間が渡りの真っ最中で、毎年秋分の日を中心とする1週間が渡りのピークなのです。

関門海峡を渡り、ここ福岡市上空を通過し、佐賀県唐津市、長崎県平戸島から五島列島の福江島へときて、そのあとは3日かけて不眠不休で600㎞の海を渡り、中国大陸へと進むようです。

どんなに過酷な試練がまっているか・・・もうとにかく無事に大陸に着くのを祈らずにはいられませんもうやだ〜(悲しい顔)

すべての渡り鳥に思うのですが、命がけの渡りをしないで、住み心地が悪い季節かもしれないけど、ずっと日本にいればいいのに・・・などと考えてしまいます𕾵


日本野鳥の会の会員になって17、8年になりますが、ハチクマの渡りの観察は
ここ4年程です。

観察会では、遠くの黒い点にしか見えない飛行物体を、ベテランさん達は「ハチクマ!」と断言します。
さすがですね~、尊敬してしまいますぴかぴか(新しい)

毎年、観察地点の油山片江展望台にも行っているのですが、なぜか私が行く日に限って飛来数が少なくて残念な思いをしています。
ので、今年は我が家から!と張り切っていまするんるん
例年、午前中より午後の方がたくさん見られるようです。


上空を通過する地域の皆さん!ぜひ空を見上げてみてください𕾲
posted by ベジバード at 18:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

さわやか自然百景

毎週日曜の朝、8時10分から始まるNHKの番組です。
今、日本で放送されてるテレビ番組の中で、いっちばん好きな番組です黒ハート
毎回、なぜかウルウルもので見ています。
厳しい自然界で、頑張ってたくましく生きてる生き物の姿を見て、感激感動しているのでしょう。
また、流れる曲がいいですね~るんるん

曲といえば、同じNHKで1992年~2001年まで放送されていた「生きもの地球紀行」のBelieve。
この曲も大好きで、私の歴代の携帯の着信音は、ずーっとこのBelieveです。もちろん今の携帯も携帯電話

杉本竜一さん作曲のこの曲、放送中からとにかく気に入っていましたが、放送が終わってしばらくすると、小学校高学年の音楽の教科書に載るようになっていてビックリしました。

私は、NHKからギャラをもらってるわけではありませんが、NHKが作る数々の自然もの番組は、映像の美しさといい、見せ方のうまさといいホント最高ですね𕾳
posted by ベジバード at 19:27| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする