2019年01月18日

またまた移転!

2019年がスタートしましたが、

「ペットライフサービスkitten」は1月10日付で、また福岡市西区下山門に戻りました!

いや~2018年は、私にとって激動の1年でありました。

ま~いろいろあって、去年11月にはしおと一緒に下山門に戻ってきていて、12月には副業も辞め、糸島の家も先週解約した次第です。

去年5月12日のブログで、糸島愛を語っていたのが恥ずかしー。

でも、ただ時期尚早だっただけで、また何年かしたら絶対行きますよー

美しい可也山に抱かれた、自然豊かな憧れの地 糸島へ


PA173251_1.JPG



下山門に戻っても、大好きな糸島へは車で30分程。

糸島のお客様も多く、仕事の行き帰りであちこちに寄って、今でも十分自然を堪能しております。

5月12日のブログにも書いていますが、2月には愛してやまないツルちゃんが、北帰行の途中に千早新田に降りることもあります。

心は今そこにあります

【関連する記事】
posted by ベジバード at 13:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

鹿児島弾丸日帰り旅行

今月中旬、鹿児島へ日帰り一人旅してきました!

朝7時台の九州新幹線でまず出水まで行き、12時台の九州新幹線で今度は鹿児島市内へと。

出水はもちろんツルを見にです

3年ぶりの出水。
ツルが飛来する10月から北帰行する3月まで、ここ10年程ほぼ毎日ブログを更新されていた方が、都合でブログをやめてしまって全くツルたちの状況がわからず、も~居ても立っても居られず、今年は久しぶり会いに行くぞ~、と秋から決めていたのです。

PC133279.JPG


PC133275.JPG


PC133284.JPG


PC133291.JPG


愛してやまないツルちゃんです

でも、滞在時間はわずか1時間程

なぜかというと、せっかく出水まで行くと決めていたので、九州新幹線で出水からはわずか25分!鹿児島市内の「西郷どん」のゆかりの地も是非是非巡りたい!とネットで色々下調べをしていて、午後からは鹿児島市内へと向かったのでした。



最終回直前の平日だったので、ゆかりの地はそこまで人は居なく、ゆっくりじっくり回れました。

鹿児島中央駅を出て、ほとんど歩いて回れるコースで、日ごろウォーキングを日課としている私にはまあまあ楽でした~

と言っても、一番距離がある所は時間もないので1回タクシー乗っちゃいましたけど。

観光地図片手にリュック背負って、ま~見るからに観光客状態(笑)

墓地から私学校跡に行くのに、方向音痴の私は観光地図をひっくり返したりしながら、自分では私学校跡に向かっているつもりが全く違う方向に歩いていましてー、さすがに途中で「なんか違うかも?!」と気づき、焦って寄った「さつまあげ屋」の方に丁寧に優しく道を教えていただいて、どうにか無事に私学校跡へとたどり着きました。

でもこういうの、一人旅ならではの出会いで好きなんですよね~

今は、当時の面影は全くない鹿児島市内ですが「ここで育ったんだ」「この道を歩いたんだ」「ここに隠れていたんだ・・・」「ここで亡くなったんだ・・・」と、1話も欠かさず見ていたので、行くところ行くところ胸が熱くなりました

IMG_3237.JPG


IMG_3239.JPG


IMG_3241.JPG


IMG_3247.JPG



17時台の新幹線で帰るので、主要な場所しか巡ることはできませんでしたが、それでもかなり満足した旅行でした。

弾丸旅行だったので、今度はゆっくり余裕をもって、行けなかった所も是非行ってみたい
posted by ベジバード at 12:52| Comment(0) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

天山登頂!


先週、また友人と今度は佐賀の天山に登ってきました!
なんだかこのブログ、最近は登山記になってきましたね(笑)

最初の目的地は干潟よか公園。
この時期は、本当はシチメンソウの紅葉が最も美しいはずなのですが、今年の夏が暑すぎて紅葉はイマイチ。
PB093268.JPG


私のお目当てはもちろん鳥
PB093266.JPG


PB093256.JPG

岩場で休むハマシギの群れ


PB093262.JPG

ダイシャクシギ


PB093253.JPG

一人でふけっていたダイゼン


PB093260.JPG

分かりにくいですが、珍しいエリマキシギ


干潟よか公園をあとにし、一路天山へ。

天山は標高1000メートル級の山です。
「天山登頂!」などとおこがましい題をつけましたが、登山まだまだ初心者の私が登れるわけもなく、頂上近くまではもちろん車でーす(笑)

麓はとてもいいお天気だったのに、駐車場に着くと外はとても寒く、頂上を見上げると不気味に霧に包まれていました
でもせっかくここまで来たんだし、行かない手はない!
平日の午後で登山者は誰もいなく、友人だけが頼りで登り始めました。

山にありがちな階段が続きます。
「もー階段いやー」とぼやきながら登って行くと、今度目の前に現れたのは川底のようなゴロゴロとした岩場。
「もー岩場いやー」と好き勝手に文句を言いながら、頑張って頑張って登りましたよ~。

そして約30分で登頂に成功~

IMG_3104.JPG

下界の景色が悪く、写真はこれだけ
小さく「天山」と書いた碑が見えますか~?


さてさて、登山記はいつまで続くでしょうか(笑)


posted by ベジバード at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする